幸福度世界1位?幸せの国フィジーに留学してきた

surf

FijiとFijianの魅力

Bula!

どうも、マサです。Fijiに留学という名目でSurf tripに行っていた私が、

Fijiの素晴らしい魅力をみなさんにお伝えしていこうと思います。

Fijiとは?

南太平洋上(オーストラリアの東、ニュージーランドの北)にあり、日本からは約7000km離れています

330ほどの島からなり、国土面積は日本の四国くらい、人口は約85万人(佐賀県や東京都世田谷区と同じくらい)の小さい国になります。

世界幸福度1位!

フィジーは2011年と2014年の世界幸福度ランキング」で1位に輝いています。

この幸福度ランキングは、「幸福を感じている人の比率」-「不幸を感じている人の比率」という「純粋幸福度」で比較しています。

平均は40らしく、日本は47が当時の数値です。先進国で衣食住にも困ることはない日本ですが高いとは言えない数値です。
一方、フィジーの純粋幸福度は85です。
この数値を見ると、裕福 = 幸福の方程式が成り立っていないことがわかります。
しかし、決して裕福とは言えないフィジアンはなぜそんなにも幸福を感じている人の比率が多いのでしょうか。
それは留学してわかったのですがフィジアンの人柄だとわかりました。

Fijianの人柄

フィジアンはみんな元気でフレンドリーな方が多いです。

みんな笑ってるし、外にいる人みんな家族?!ってくらい立ち話しています。

飛行機に乗る日にちを間違えて日本に帰れなくなった際、ローカルのFijianの家にしばらく泊めさせていただいたんですが、友達と親戚が毎晩ご飯を食べにきていました。友達とは言えない間柄の外国人を家に招いてくれて、親戚、友人も嫌な顔一つせず接してくれたことは感謝しかありません。こんなことができるのは、自分が幸福を感じていなければ絶対にできません。ハッピーをシェアする精神、ここに幸福度があるのだと思います。

KAVA

ある時、KAVAという木の根っこの粉末を水に溶かした飲み物をひたすら回し飲みしました。KAVAは飲むと体が麻痺して眠くなる効果があるらしいのですが、私はお腹が膨れただけでした。しかもこれ、お世辞にも美味しいとは言えない味です。。でもフィジアンの伝統文化を体験させてくれたので感謝しなきゃですね。

Fijian Mind

フィジアンには「Fijian mind」細かいことは気にしないらしいです。実際、良くも悪くも細かいことは全く気にしていないことは留学してわかりました。

知らない人がお腹空いていたらご飯を食べさせてあげるし、自分がお腹空いていたら食べにいくそうです。

お金がなければ助け合って自給自足して暮らせばいいじゃん!って考えが根本にあるんです。

それって、日本では考えられませんがとっても幸せなことじゃありませんか?

ケレケレ

他にもFijianの文化として「ケレケレ」というのがあります。

簡単にいうとこの「ケレケレ」人の物を持ってったり使ったりするときに使う言葉です

お金や物を豊富に持っている人々が、持っていない人々に施すのは当たり前という価値観が根付いているから成り立つ言葉です。

この文化はイギリスの植民地化の過程で根付いた習慣で、自分のものはみんなのもの、みんなのものは自分のもの、つまり限りあるものを皆で共有しましょうというシェアの概念です。

何も言わずに「ケレケレ」されるときももちろんありますが、こちらから「ケレケレ(お願い)」と言えば、笑顔で差し出してくれるかもしれません。

波情報

私は、クラウドブレイクという岸からボートで30分ほどのアウターリーフのポイントで入っ

たのですが、ここはWCTの会場にもなっているくらいスーパーレフトブレイクが割れていて、

リップ、チューブ、なんでもありのスペシャルウェーブでした!(私が入った時は頭、頭オーバーのファンウェーブ)

クラウドブレイクは有名なので外国人サーファーもたくさんいましたが、

フレンドリーで問題なく最高の波に乗ることができました。

オススメ宿泊施設

下記リンクは私が留学していたところで、

現在はサーファー用の宿泊施設になっていますのでサーフィンしてみたい方はぜひこちらに宿泊するといいと思います。

CloudBreakへの船も出せますし、他のポイントも連れて行ってくれます。

値段もリーズナブルですし、元々日本人留学生の留学先だったので、

アジア人慣れしている人が経営しています。

Facebookから移動します

最後に

サーフィンだけでなく、人間としても成長できた留学でした。南国が好きな方はオススメです。

マサ

文系出身のWEBエンジニア
メインの開発言語はPHP
リモートワークで旅をすることが夢です。

マサをフォローする
surf
マサをフォローする
エンジニアチャンネル

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。