Google Analytics API v4の設定方法をどこよりも詳しく説明する

Google Analytics API v4の設定方法をどこよりも詳しく説明する

Google Analytics API の公式の設定方法って今まで触ってきたことない人からするといまいち設定の仕方が掴めないのでわかりやすく説明してきます。

公式はこちらになります。

 

Google Cloud Consoleでプロジェクトを作成する

まずはGoogle Cloud Consoleでプロジェクトを作成していきましょう。

サービスアカウントキーを作成する

プロジェクトを作成するとこの画面に遷移しますので、APIの概要で移動を選択します。

認証情報→認証情報を作成→サービスアカウントキーを選択します。

認証情報にはAPIキー・OAuthクライアントID・サービスアカウントキーがありますが、それぞれ以下の用途で用いられます。

APIキー

公開されたデータを使用するアプリケーションの場合はAPIキーを選択します。

OAuthクライアントID

アプリケーションがAPIを利用してユーザデータにアクセスしたい場合にはOAuthクライアントID

を選択します。

サービスアカウントキー

ユーザを介さずにプログラムからデータを取得したい場合にはサービスアカウントキーを選択します。

 

今回はプログラムからユーザを介さずにGoogle Analyticsのデータを取得したいため、サービスアカウントキーを選択しています。

サービスアカウントキーを選択するとjsonかP12を選択する画面になるためjsonを選択しましょう。

作成すると秘密鍵がダウンロードされます。こちらは後で使用するので大事に保管しておきましょう。

ライブラリを選択する

次に先ほど選択肢た認証情報の上にあるライブラリを選択していきます。

ライブラリからGoogle Analytics Reporting APIを選択します。

選択したら有効化しましょう。

これでGoogle Cloud Platformの設定は終わりです。

注意

似たような名前でAnalytics APIが存在しますがこちらはv3のライブラリになりますので、v4を使う場合は気をつけてください。接続に失敗する場合の原因で割と多めな気がします。

 

Google Analyticsにサービスアカウントを設定する

先ほど取得したサービスアカウントをGoogle Analyticsに設定していきます。

管理をクリックして一番右に存在するユーザ管理者を選択します。

権限を与えるユーザの画面にいきますので、こちらで先ほど取得したjsonファイルの中にあるメールアドレスを追加します。権限は表示、分析で良いと思います。

以上で先ほどのサービスアカウントがこのGoogle Analyticsに接続できる権限を得たのでデータを表示、分析できるようになりました。

あとは公式に接続する実装方法が載っていますのでPHP,Java,Pythonと使用したい言語で実装していきましょう。

以上でGoogle Analytics APIの使用方法は終わりです。

最後に

Googleのサービスは便利な反面エンジニア以外の方ではとっつきにくい部分があります。

この記事で少しでも役に立てたら幸いです。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。