プロサーファーイケメンランキングBEST5

surf

プロサーファーイケメンランキングBEST5

サーファーには俳優かと思うようなイケメンが結構います。そこで今回は、私の完全な独断と偏見でプロサーファーイケメンランキングBEST5を紹介していきます。今回は、サーフスタイル・ルックス・バイアスで採点しています。

第5位 ジュリアン・ウィルソン

オーストラリア出身のジュリアン・ウィルソン

なんでも、サーフィンの大会で最もイベント動員数が多いUSオープンでは、

10代女性の大半がジュリアン目的で会場に訪れているほど女性人気が高いそうです。

現在は美人モデルさんと結婚してらっしゃいました。

こちらジュリアンのサーフ動画になります。正統派スタイルでエリートな雰囲気が漂いますね。

第4位 カノア五十嵐

以前このブログでも取り上げたカノア五十嵐くん。

ご両親は純日本人ですが、US生まれUS育ちの長身イケメンです。日本人らしからぬ体型はやはりUSの食事と生活がそうさせるのでしょうか。

サーフィンのスキルも超一流ですが、日本語・英語・ポルトガル語・スペイン語・フランス語と5か国語話せる勉強家でもあります。

カノア選手はオリンピックで日本代表で出場することが決まっていますので、メダル獲得に期待がかかることでしょう。日本の波でも世界レベルのサーフィンを魅せてくれる動画です。カノア選手も正統派スタイルでWCTで勝ち続けていますね。

3位 ジャック・フリーストーン

ジュニアサーファー時代には2×ワールドジュニアチャンピオンという記録を打ち立てているジャック・フリーストーン。漂うオサレ感で堂々の3位です。彼は同じくプロサーファーのアラナ・ブランチャードとの間に子供を授かっています。

 

サーフスタイルにもどこかオサレ感が漂っているのではないでしょうか。

第2位 デイブ・ラスタビッチ

ニュージーランド生まれのデイブ・ラスタビッチ。若い時期は他のサーファーと同じくWQSに参戦して華々しい活躍をしていたそうです。しかし、彼は自分が無数のルールに縛られたコンテストを楽しんでいないことに気がつき、自分らしいサーフィンをして過ごすようになります。

現在は世界中でサーフィンしてフィルムに参加するフリーサーファーとして活躍しています。環境問題にも敏感で、自身でオーガニック農園も持っているベジタリアンとしても知られています。

旅好きには堪らないSurf Movieのトレイラーです。

第1位 ダニー・フラー

 

 

俳優並みのルックスで堂々の1位です。

2018年に横浜で開催されているGREENROOMで、RVCAのブースにダニー・フラーが来ていました。その時たまたま目撃したのですが、凄まじいほどのスタイルとルックスでした。サーファーを知らない方が大多数の中、ルックスだけでプチ注目を集めていたのは当然と言えば当然ですね。もちろんサーフィンスキルも一流で、サーファーの聖地、ノースショア出身のビッグウェーブにも強いサーファーです。

彼は実際にシャネルのモデルをしていた経験があるそうです。

マサ

文系出身のWEBエンジニア
メインの開発言語はPHP
リモートワークで旅をすることが夢です。

マサをフォローする
surf
マサをフォローする
サーフエンジニアチャンネル

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。